プロフィール

ふぁにー

Author:ふぁにー
メディアクリエイターグループ
[ re;logic ]所属 Composer

↓使用機材・連絡先
Mac book Pro
Studio One professional
Logic 9
Cubase

マイリス:mylist/36540494
ピアプロ:funnyeasygo
連絡先
twitter:@fanymu29
mail:funnyeasygo@gmail.com

カウンター
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

18

雨と流星

VOCALOID2作目を投稿しました。

今回は和をちょっとテーマにしたので
百人一首やら何やら色々考えて歌にしました。
雨は嫌いだけど、そんな景色も好きになれたらいいなって
そう思うんですよね。

イラストは風翆さん、
動画はミヤビさん、
にお願いしました。
望み通り以上のものにしていただいて、本当に感謝感謝の言葉に尽きます。

ということで
動画の方、よろしくお願いします。



見上げた空に 流星一つ
時を超え魅せた記憶の欠片
待焦がれては明くる暁の空に
今あなたは何を描く

この雨の降る景色も
君の好きだった景色の一つだったから
もう忘れはしないと心に刻む
色褪せずに

ふわりと、ゆらりと、繋いだその手は
木漏れ陽のように 優しく淡くて

見上げた空に 流星一つ
届けたい声も手紙も消えて
凍えた夜に 二人で歩いた
並木道に縋る この気持ちは

この雨の降る景色も
君の好きだった景色の一つだったけど
もう逢うことさえも叶わないけれど
夢の中で...

野に咲く菖蒲の優美な姿と
水辺に集った翡翠の唄声
ひらりと、終わりを告げ、吹く涼風
夕焼け 彷徨う三日月のように

いつの日か季節は巡り 忘れゆく記憶も
桜の景色と夏の夕日の茜色に
独りきり うつろう定め 夕闇の隨に
紅い葉も散り粉雪の舞う空の下でずっと

見上げた空に 流星一つ
時を超え魅せた記憶の欠片
”忘れないで”と 震えた声も
我侭さえもただ恋しいだけ
スポンサーサイト
  • Date : 2013-07-29 (Mon)
  • Category :
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。